SSLとは、インターネット上での通信を暗号化する技術です。

主に個人情報を入力するフォームで第三者によるデータの盗聴やなりすまし、改ざんなどを防ぐために用いられています。

メリット

◎ 検索順位での優遇(Google)

◎ セキュリティおよび信頼性の向上

◎ 通信速度の向上

◎ アクセス解析の精度向上

 

デメリット

● 検索順位の低下

● データ通信の盗聴(顧客情報の漏えい)

● 改ざん(意図しない情報の掲載や、スパムメールなど犯罪行為への加担)

● 悪質サイトへ自動的に誘導

 

これまでは、フォーム項目にパスワードやクレジットカードの情報がある HTTP ページに限定されていましたが、Googleは将来的にすべての HTTP ページを安全でないと明示しています。

 

利用者が安心して使えるために必要な証明書。貴社のビジネスの安全と信頼を守るためにも是非、導入をご検討されることをお奨めいたします。